片方の腕に障害を持ち利き手のひじが痛くて仕事に支障をきたすと来院。

0

    片方の腕に障害を持っているので常に利き手の方ばかり使っているので仕事するのにひじが痛くて支障があるといって40代女性来院。生まれつき片方の腕に障害を持って生まれ40年以上片方の腕で生活をしてきました。今までこんなにひじが痛くて悩んだことないぐらい痛くて整形外科でレントゲンを撮り骨には異常ないと、使いすぎで炎症が起きているので痛み止めの薬と湿布薬で様子を見てください。といわれたが全然痛みが引かないので見てもらえませんかと来院。見てみると、筋肉がガチガチに固まっていました。肘の関節が亜脱臼している感じだったので腕の筋肉を肘圧で緩め肘の関節を調整して終了。終わってどうですかと聞くと、腕が軽くなり肘の痛みが無いといって喜んでくれました。まだまだ筋肉が硬いので後何回か予防のため来てくださいとゆうことで次回の予約を入れて帰りました。


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.11.11 Sunday
      • -
      • 11:29
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << November 2018 >>

      selected entries

      archives

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM